私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 本学の研究成果報告書が文部科学省ホームページで紹介されています

「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」とは、一躍有名になった「私立大学研究ブランディング事業」の前身となる事業で、平成20年度から27年度開始分まで申請を受け付けていたものです。本学は、私が学長に就任が決まった直後、すなわち、本事業申請受付の最後の年に、本学学長の任期でもある3年間の事業計画として初申請し、平成27~29年度の事業として採択をいただくことができたものです。

研究テーマは「地域高齢者の日常生活機能を向上させるプロジェクト」で、それ以前から本学で開設されていた「転倒予防教室」と、新たに開設した「食べる力をつける教室(学長ブログでも、たびたび紹介してきました)」での取り組みを核に、本学近隣地域にお住いの高齢者の健康の維持向上を総合的に支援する事業でありました。

今年度はじめに3年間の研究成果をまとめ、文科省に報告書等を提出していましたが、先日、文科省のホームページを確認しましたら、報告書の概要と報告書(各大学の研究紹介ページにリンクしています)が掲載されていました。他大学の成果も一覧で掲載されていますので、あわせてご覧いただけましたら幸いです。
平成25年度採択(5年計画) 54課題42大学
平成27年度採択(3年計画) 13課題13大学

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告書の概要(平成30年度)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1410545.htm

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告書(平成30年度)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1410547.htm

出典:文部科学省ホームページ (http://www.mext.go.jp/)
1.事業の目的
本事業は、私立大学が、各大学の経営戦略に基づいて行う研究基盤の形成を支援するため、研究プロジェクトに対して重点的かつ総合的に補助を行う事業であり、もってわが国の科学技術の進展に寄与するものである。
2.事業の内容
各大学が最先端の研究や地域に根差した研究などの観点から研究プロジェクトを計画・申請し、文部科学省が審査の上で選定を行い、当該プロジェクトを遂行するための研究拠点に対して、研究施設・設備整備費や研究費を一体的に補助する。