センター試験おつかれさまでした

受験生の皆さま、関係者の皆さま、センター試験おつかれさまでした。

大学に進学を考えている方のうち、すでにAO入試や推薦入試等で進学先が決まっている方を除けば、入試シーズンはこれからが本番です。しかし、これからは寒さがいっそう厳しくなり、インフルエンザも流行のピークを迎えます。入試当日に最良のコンディションで臨めるよう、体調管理には十分に気を付けてくださいね。本学でも現在、一般入試およびセンター試験利用入試の出願を受付中です。

さて、どんなに集中して取り組んでいるものがあったとしても、時には息抜きも必要です。私自身、先のブログでは、持ち帰り仕事などにも触れましたが、実は休日には、時間を見つけて癒しスポット?に出かけたりもしています。私が、成人済みの娘といっしょに最近はまっているのは、プラネタリウムと水族館です。どちらも小さい子どもといっしょに楽しんだり学習したりする場所のように見えますが、特に都会のプラネタリウムは模様替えし、大人専用のものができています。

お正月に訪れたのが、今冬の12月に東京有楽町にオープンしたばかりのKONICA MINOLTA PLANETARIA TOKYO。大人向けの上質な音楽が流れる中、特別仕様の銀河シートでゆったりと星空を眺めて来ました。銀河シートは数が限られていて、休日分はすぐに売れ切れてしまうため、2週間前にネットで予約発売が開始されたら即座に購入しないと手に入れるのが難しいです。インスタ映えする、銀河や星をモチーフにしたフードやドリンクも提供されています。その数ヶ月前には、同系列の池袋サンシャインシティの満天も訪れました。こちらの特別シートはふかふかの雲シート。ハロウインの時期だったので、雲シートには蜘蛛の糸の様な飾り付けもしてありました。そこでは星空のテーマに合わせてアロマが焚かれるプログラムを選択して観てきました。新潟にも県立自然科学館にプラネタリウムがありますが、こちらは小さい子どもと一緒に楽しめるプログラムになっているため、童心に戻って観ることができます。

池袋の方は水族館も併設されていて、有名な空飛ぶペンギン(+ペリカン)も楽しめます。つい先週に訪れたのは新潟のマリンピア日本海。ラッコの写真を載せました。広い水槽に一頭で悠々と泳いでいます。以前はもっとたくさんいたのですが、今は一頭のみです。そう、ラッコは絶滅危惧種で、今、日本の水族館には全部合わせても数頭しかいない、その貴重な一頭が新潟にいると思うと、なおさら愛らしく見えてくるのです。このラッコもすでに平均寿命を超えているそうですが、とても元気で、給餌タイムにはかわいらしい芸も見せてくれます。