21日は村上でも虹がかかりました

昨日8月21日は、高校野球決勝戦の日でした。そして、感動的な試合終了後に甲子園球場と秋田の空に虹がかかったとの報道がありました。

その、ちょうど秋田で見えたのと同じくらいの時刻だと思いますが、午後6時前頃に、本学のある新潟県最北の村上市においても、山の方角、東の空に虹がかかっているのが見えました。私はスクールバスの車中にいたのですが、動いているバスから窓越しに写真を撮ってみました(きれいに撮れてはいません。おまけにレンズに付いたゴミまで写ってしまって…)。まだ前述した報道の件は知らない時でした。虹は、不思議な形の横に長く伸びる灰色の雲の下から、伸びていました。やっぱり虹を見ると、なんだかハッピーな気分になります。

今日22日は、学部生のための就職説明会が本学で開催されました。県内外から多くの病院、施設等の採用担当者等、関係者の方々にお越しいただきました。暑さ厳しい中、本当にありがとうございました。学生は希望するブースを訪れては、さまざまな情報を集めていました。私も大学院研究科長として、大学院紹介のブースを設けました。男子学生たちが何名か立ち寄ってくれ説明を聞いていきました。

昨日見た虹は、学生たちを明るい未来に導いてくれる七色の光だったと信じています。