90歳の素敵なHさん(食べる力をつける教室)

連日の酷暑で、心身ともに負担の多い日々が続いています。高齢者や小さなお子さんは特に大変のことと思います。お気を付け下さい。

さて、このブログでもたびたび紹介してきた、地域の健常高齢者を対象とした「食べる力をつける教室」の第5期のプログラムが18日(水)で終了し、あとは8月1日(水)のフォローアップ教室(データ返却と解説、その後の経過フォロー)を残すのみとなりました。

教室に参加して下さる方々は、いずれも熱心でパワフルな方が多く、どの方も強く印象に残っているのですが、中でもひときわ、輝いているHさんを、本ブログで紹介しましょう。

Hさんは90歳の女性です。3期の教室から今回の5期の教室まで、連続で参加して頂いているリピーターの方です。体がお元気なのはもちろん、気持ちもとても若くいらっしゃり、いつも素敵な、ちょっとしたアクセントのあるお洋服で通っていらっしゃいます。しかも、遠方から…路線バスを2本乗り継いで、天気の良い日はバス停をひとつ越えて歩いていらっしゃいます。歩くのは苦にならず、普段の食事の用意もご自分でなされ、しかも自宅にある畑で自ら無農薬野菜まで栽培していらっしゃる…先日頂いたきゅうりは、とても立派な大きさで、もいだばかりとのことでみずみずしくおいしかったです。また、ある時は、カバンの中に学校案内が記載されている受験雑誌をしのばせていらっしゃり、「このような本もお読みになるのですか?」と尋ねたところ、「見ているとおもしろくて飽きない」との回答が返ってきました。現役時代は教師をされていたHさん、気持ちもとてもお若いのです。

そんなHさん、さすがにこの暑さの中、教室の帰り道を、バスの乗り継ぎと徒歩で…というのは酷だろうと、教室スタッフの教員が、車でご自宅までお送りさせていただいたところ、その場で畑から、きゅうりをもいで(上述)、お土産にいただいてきたのです。大学の私のところまで、送迎のお礼のお電話をいただきました。本当にすばらしく素敵な方で、私が逆に元気のパワーをもらっています。