先週土曜日の新リハ祭は盛況のうちに終了しました

学生会主催の新リハ祭(学園祭)の様子について、少し報告が遅くなりました。6月最後の先週土曜日、当地はまだ梅雨は空けていませんが、真夏のような強い日射しが照り付けるなか、本学の校舎内外で新リハ祭が開催されました。小さな子供たちからお年寄りの方々まで非常に大勢の地域の方々、それから学生や教職員のご家族の方々にもお越しいただきました。ご来場、本当にありがとうございました。楽しんで、満足していただけましたでしょうか?

私も数々の催し物に熱中するあまり、当日の写真を撮ることを忘れてしまいました。そのため、本ブログに掲載した写真は、新リハ祭のパンフレットの表紙(表裏)になります。赤くメラメラと燃え上がるような熱気が感じられる表紙で、実際の当日の雰囲気も、学生たちの強い意気込みが伝わってくるものでした。

リハビリテーション心理学専攻のリラクゼーション法を体験させていただきました。そのあとで、スマホのアプリでストレス度合いをチェックということだったのですが、驚きの結果が出てしまい…

模擬店では各専攻各学年で心を込めて準備した食べ物、飲み物が販売されていました。定番の主食から、おかず、デザートまで、時間をかけて全部食べつくそうと思ったのですが、途中でおなかがいっぱいになってしまい、回れないブースもありました。行けなかったところは、ごめんなさい。どれもこれも、学生たちの温かい気持ちが添えられていて、おいしいスパイスになりました。

野外特設ステージでは、若さとエネルギ―が炸裂する数々のパフォーマンス(軽音、ダンス、カラオケ等)を見ることができました。司会進行役の実行委員長さんも、気配り上手で名司会でした。素晴らしい一日をありがとうございました。