新潟県大学魅力向上支援事業に今年も選定されました

平成30年度の新潟県大学魅力向上支援事業には、5月15日に申請書を提出し、6月12日に新潟県自治会館でプレゼンテーションを行ってきました。このたび、審査結果の通知があり、今年度も本学の事業が選定されたとのことでした。事業タイトルは「村上地域の伝統産業と食産業を活用した実践型教育プログラムの試み」です。

村上でしか学ぶことのできない、村上にある大学だからこそ体験できる、地域の特色を生かした伝統産業や食産業等をカリキュラムに組み入れて、実践型の教育プログラムの活用を推進していきます。

内容の一部は、4月25日の学長ブログhttps://nur.ac.jp/president_blog/diary/1033/と、6月14日の学長ブログhttps://nur.ac.jp/president_blog/edu/1085/にも掲載済みです。

本事業は「産業界と連携した実践型の教育プログラム」分野での申請・採択であり、大洋酒造様と村上高等職業訓練校様と連携させていただき実施する教育プログラムになっています。3つの小事業から構成され、大洋酒造様との連携により①作業活動分析と作業環境の改善②認知症カフェでの回想法による認知機能の向上、村上高等職業訓練校様との連携により、③村上木彫堆朱の作業療法における木彫の手法への応用を実施いたします。さらには、一連の活動を動画に記録し、作成した動画を情報発信ツールとして活用・広報していきます。

写真は6月9日に本学で開催した認知症カフェの一コマ(座位での体操場面)です。まだ本事業における甘酒の試みは実施していませんでしたが、この日は懐かしい童謡の歌唱などもあり、参加者の皆様はとても楽しそうでした。カフェには認知症予防のためにと、元気な方たちも大勢参加いただいています。今後も地域の皆様方のご参加をお待ちしています。