文字の大きさ
拡大
標準
大学紹介

医療学部 ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

理学療法学専攻

【理念】 「人の心の杖であれ」の精神を持ち、社会に貢献する。
【態度・行動】 正しく観て、考え、判断し、行動する。
【知識・技術】 理学療法士としての基本的な知識・技術を持つ。
【意欲】 自分の仕事や社会に関心を持ち続け、生涯を通じて自らを高める

作業療法学専攻

卒業までに身につける資質

作業療法学専攻では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定され、学位が授与されます。

  1. 対象者の障がいのみではなく、生活、価値観、社会的役割などを評価し、その対象者にとって意味のある作業を賦活する能力を有する者。
  2. 対象者をめぐる他職種と協業し、対象者の地域生活を支える能力を有する者。
  3. 卒業後も作業療法技術へのあくなき探究を続け、国際的な視野を持ち、作業療法の発展に寄与できる者。

言語聴覚学専攻

  1. 言語聴覚士として確実な知識と技術、判断力などの能力を身に付けるために今後も努力を続ける十分な意欲がある。
  2. 言語聴覚士としての専門領域および関連する領域の知識・技術の向上や医療の発展に惜しみない努力をして、自己研鑽と言語聴覚学分野の発展および社会貢献の意識を高く持つ。 
  3. 医療人、言語聴覚士として、人間とかかわる職業の特殊性と重要性に真摯に向き合えている。すなわち、人間の尊厳に対する高い倫理観と豊かな感性、広い視野と温かな心を持ち患者様に寄り添うことができる。

リハビリテーション心理学専攻

  1. 人間の心に対する理解が、心理諸学や他専門領域の知見によって学際的になされている。
  2. 人間が抱える心の課題について、その研究や啓発、支援介入に必要な知識を有している。
  3. 身につけた心理学的知見を社会へ還元できる。または、高度教育へ学修を深化できる。