文字の大きさ
拡大
標準
大学紹介

医療学部 カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

理学療法学専攻

特に地域リハビリテーションを重点とし、訪問ができるレベルを目指します。
また高齢者の障害や、小児の発達障害に対して心と体のケアができる専門性を育成します。

【教養分野】 社会人としてまた理学療法士として必要な素養を獲得します。
【専門基礎分野】 リハビリテーション医療に関する専門的な知識と方法論を体系的に学びます。
【専門分野】 理学療法士になるための専門科目を学びます。
【臨床実習】 すべての学年において病院・施設での臨床実習を行います。

作業療法学専攻

リハビリテーション医療に関わる基礎を学びます。
作業療法学専攻では以下のような方針に基づきカリキュラムを編成しています。

  1. 社会人として幅広い知識と、リハビリテーション専門職としての基礎医学修得のため、4専攻共通のカリキュラムとして、導入教育・自然科学・外国語などの教養分野科目と、基礎医学・臨床医学・心理関連項目などの専門基礎分野科目を設置しています。
  2. 子供から高齢者までの作業療法の専門知識と実技・実習を 修得するために、学内の発達障害作業療法治療学・老年期作業療法治療学と、学外での臨床総合実習などの専門分野科目を設置しています。

言語聴覚学専攻

【教養分野】 社会人として、医療人として、言語聴覚士としての素養を獲得します。
【専門基礎分野】 言語聴覚学も含めた、全般的な医学・医療に関する専門的な知識と方法論を体系的に学びます。
【専門分野】 言語聴覚学の専門知識を基本事項から評価、治療まで実践的に用いることができる知識・技術を修得します。
【臨床実習】 医療の全体的な流れを体験的に学び、自ら課題を見出して、知識と技術を駆使して自らの問題を解決する能力を養います。

リハビリテーション心理学専攻

【教養分野】 学問的に人間と社会を知るための基本的な手段と知識を身につける。
【専門基礎分野】 心理学領域の基礎をはじめ、他領域の知識を身につける。特に医学領域では、他の心理学専攻には類を見ない「解剖学」、「生理学」を学修する。
【専門分野】 基礎領域心理学をはじめ、応用領域としての「心理療法」、「産業カウンセリング」、「芸術療法」など、リハビリテーションや治療的介入としての心理学を身につける。
【臨床実習】 本学他専攻と共通の臨床実習(1年時)のほか、傾聴・心理療法の専門実習も行う。