文字の大きさ
拡大
標準

教員紹介

道関 京子(どうせき けいこ)
職位 東京サテライト主担当(大学院)・教授
学位・資格 修士(文学)・言語聴覚士
所属(学部) 医療学部リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻(ST)
所属(大学院) リハビリテーション研究科リハビリテーション医療学専攻 高次脳機能障害コース 
学生へのメッセージ 言語聴覚士は、人間の尊厳を取り戻し、人間の可能性の奇跡に遭遇するワクワク感動の多い仕事です。
担当科目[学部] 言語学
音声学
運動障害性構音障害学
失語症学
音声医学
担当科目[大学院] 神経心理学、発達障害
失語・失読・失書

プロフィール

学位の取得年 1990年(平成2年)修士(文学)
最終学歴 上智大学大学院博士前期課程
所属学協会等 日本全体構造臨床言語学会、日本コミュニケーション障害学会、日本認知神経科学学会、日本リハビリテーション医学会、日本高次脳機能障害学会

研究業績等

研究専門領域

失語症、吃音、心理言語学、認知症

研究紹介

言語臨床全体構造体系開発、失語症リハビリ支援システム開発、吃音訓練研究、認知症改善システム研究

研究課題

失語症臨床学、吃音臨床学、認知症臨床学

受賞歴

マルティメディアグランプリ特別賞(1996年)、財団法人マルティメディア振興協会主催

著書

道関京子(2002):言語聴覚士のための失語症学.分担執筆,296-306. 医師薬出版.道関京子編著(2004):全体構造法のすべて.米本恭三監修,医師薬出版.
道関京子(2007):家庭における失語症在宅リハビリ.医師薬出版.
道関京子(2013):生活支援技術(福祉教科用図書).分担執筆,88-97,132-137,実教出版.
道関京子(2014):コミュニケーション技術(福祉教科用図書).分担執筆74-93,実教出版.

社会的活動

日本全体構造臨床言語学会理事長,常任講師
日本認知神経科学学会評議員
国際治療教育研究所セミナー講師

研究論文

道関京子(2008): 各症候に対するリハビリテーションの実際,失語症.J.Medical Rehabilitation,70,102-110.
道関京子(2008):脳と意識ー力動的心理学.JISTジャ-ナル,9,1-3.
道関京子,宮野佐年(2009):言語障害.クリニカルリハビリテーション,リハビリにおける評価号,93-104.
道関京子(2009):構造的失語症タイプ分類と全体構造訓練.臨床言語研究,10,3-12.
道関京子(2011):流涎改善アプローチに対する補てん.JIST通信,22-3,2-5.
道関京子,石川奈寿美,坂口久美子(2012):高齢者の言語生活を維持・向上するためのリズミカル運動.臨床言語研究,13;1-10.
道関京子(2014):身体リズム運動再考.臨床言語研究,14;1-8.