文字の大きさ
拡大
標準

教員紹介

倉智 雅子(くらち まさこ)
職位 副学長・教授
学位・資格 Ph.D(. 米国)・言語聴覚士
所属(学部) 医療学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻(ST)
所属(大学院) リハビリテーション研究科 リハビリテーション医療学専攻 摂食・嚥下障害コース
学生へのメッセージ 言語聴覚士はとても魅力的な仕事です。
担当授業科目[大学] 言語聴覚障害学総論
言語聴覚障害診断学
音声障害学 ほか
担当授業科目[大学院] 摂食・嚥下障害評価学
摂食・嚥下訓練・治療法(基礎)
摂食・嚥下訓練・治療法(臨床)
摂食・嚥下障害ケーススタディ・研究方法論

プロフィール

学位の取得年 1992年(平成4年)
最終学歴 米国 ノースウエスタン大学大学院
所属学協会等 日本言語聴覚士協会、日本音声言語医学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、国際音声言語医学会、米国 言語聴覚士協会、カナダ 言語聴覚士協会
研究者情報 http://researchmap.jp/read0147659

研究業績等

研究専門領域

摂食嚥下障害、音声障害

研究紹介

健常者の嚥下の生理や摂食嚥下障害のリハビリテーション(特に訓練法)に関する研究

研究課題

前舌保持嚥下法のメカニズムの解明、前舌保持嚥下法の訓練効果に関する研究

著書

倉智雅子編著:言語聴覚士のための摂食・嚥下障害.医歯薬出版,2013.

倉智雅子:日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 e-learningコンテンツ 摂食・嚥下リハビリテーションの介入 間接訓練:各論 鼻咽腔閉鎖・咽頭収縮・喉頭閉鎖訓練.コースNo.45,日本摂食・嚥下リハビリテーション学会,2010.

倉智雅子:第1章音声障害 3症状.藤田郁代(監):標準言語聴覚障害学 発声発語障害学,医学書院, 2015.

倉智雅子:音声障害 2.障害別訓練・治療法 声の高さの障害.深浦順一(編集主幹):図解 言語聴覚療法技術ガイド,文光堂, 2014.
倉智雅子:第6章成人の治療・訓練 3言語聴覚士の訓練 C神経変性疾患.藤田郁代(監):標準言語聴覚障害学 摂食嚥下障害学,医学書続, 2014.

倉智雅子:音声障害.伊藤元信,笹沼澄子(編):新編 言語治療マニュアル.医歯薬出版,2003.
倉智雅子:Thermal stimulationの意義と方法、アイスマッサージとの違いは? 吉田哲二(編):嚥下障害Q&A.医薬ジャーナル社,2002.
倉智雅子他訳:道健一,道脇幸博(監訳):Logemann 摂食・嚥下障害.医歯薬出版,2000.
廣瀬肇,藤生(旧姓)雅子訳:音声障害と音声治療.医歯薬出版,1992.

研究論文

[First Author]
Fujiu-Kurachi M, Fujiwara S, Tamine K, Kondo J, Minagi Y, Maeda Y, Hori K., Ono T. Tongue pressure generation during tongue-hold swallows in young healthy adults. Dysphagia, 29:17-24, 2014. DOI 10.1007/s00455-013-9471-z

Fujiu-Kurachi, M. (2002). Developing the tongue holding maneuver. Perspectives on Swallowing and Swallowing Disorders, 11(1), 9-11.

Fujiu-Kurachi, M. (1999). Food measures and other critical diagnostic measures. Folia Phoniatrica et Lopogaedica, 51, 147-157.

Fujiu, M., & Logemann, J. A. (1996). Effect of a tongue holding maneuver on posterior pharyngeal wall movement during deglutition. American Journal of Speech-Language Pathology, 5, 23-30.

Fujiu, M., Logemann, J. A., & Pauloski, B. R. (1995). Increased Post-operative Posterior Pharyngeal Wall Movement in Anterior Oral Cancer Patients - Implications for Potential Therapy. American Journal of Speech-Language Pathology, 4, 24-30.

Fujiu, M., Toleikis, J. R., Logemann, J. A., & Larson, C. R. (1994). Glossopharyngeal evoked potentials in normal subjects following mechanical stimulation of the anterior faucial pillar. Electroencephalography and Clinical Neurophysiology, 92, 183-195.

[Co-author]
Fujiiwara S,Fujiwara,Ono T,Minagi,Y,Fujiu-Kurachi M,Hori K,Maeda Y,Boroumand S,Nitschke I,Ursula V,Bohlender J:Effect of supraglottic and super-supraglottic swallows on tongue pressure production against hard palate. Dysphagia,29:655-662,2014.
DOI 10.1007/s00455-014-9556-3
Oshima F, Yokozeki M, Hamanaka M, Imai K, Makino M, Kimura M, Fujimoto Y, Fujiu-Kurachi M Prediction of dysphagia severity: an investigation of the dysphagia patters in patients with lateral medullary infarction. Internal Medicine, 52:1325-1331, 2013. DOI 10.2169/internalmedicine.52.-0011
Logemann, J. A., Pauloski, B. R., Colangelo, L., Lazarus, C., Fujiu, M., & Kahrilas, P. J. (1995). Effects of a sour bolus on oropharyngeal swallowing measures in patients with neurogenic dysphagia. Journal of Speech and Hearing Research, 38, 556-563.

吉田哲二,平野 実,藤生雅子:脳血管障害による嚥下障害と運動性構音障害について.耳鼻と臨床,34:108-110,1988.