文字の大きさ
拡大
標準
医療学部/理学療法学専攻

理学療法学専攻 3つのポリシー

アドミッションポリシー[入学者受け入れ方針]

理学療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。

1.理学療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
2.豊かな人間性や実践的治療技術を養うために不可欠なコミュニケーション能力を有する。
3.医療従事者として社会の発展に寄与しようとする強い意志を有する。
4.他者との協調性と他者への思いやりの心を有する。

カリキュラム・ポリシー[教育課程の編成方針]

特に地域リハビリテーションを重点とし、訪問ができるレベルを目指します。
また高齢者の障害や、小児の発達障害に対して心と体のケアができる専門性を育成します。

【教養分野】 社会人としてまた理学療法士として必要な素養を獲得します。
【専門基礎分野】 リハビリテーション医療に関する専門的な知識と方法論を体系的に学びます。
【専門分野】 理学療法士になるための専門科目を学びます。
【臨床実習】 すべての学年において病院・施設での臨床実習を行います。

ディプロマ・ポリシー[学位授与に関する方針]

【理念】 「人の心の杖であれ」の精神を持ち、社会に貢献する。
【態度・行動】 正しく観て、考え、判断し、行動する。
【知識・技術】 理学療法士としての基本的な知識・技術を持つ。
【意欲】 自分の仕事や社会に関心を持ち続け、生涯を通じて自らを高める