入学予定者スクーリング帰路のいい話

2月24日(土)、入学予定者スクーリングを本学で行いました。その様子は,他のブログでも紹介があると思いますので、私は、少し違う切り口からレポートします。

スクーリングには遠方から参加した生徒さん達も大勢いました。彼ら彼女らのうち、村上駅から電車を利用して帰宅する生徒さん達は、スクーリング終了後、本学から村上駅までスクールバスで送っていきました。私もそのバスに同乗しました。

本学が所有しているバスのうち、小さめのバスだったということもあり満席となり、私の隣にも、高校3年生の男子生徒さんが座ってきました。会話の途中で、現住所が私と近いことがわかり、それ以後、通学手段等の話で、周りの生徒さん達も巻き込んで盛り上がりました。遠方から通う予定の学生にとっては、通学の足確保については、やはり、大変気になるところ…。その生徒さんも、朝の1限に間に合わず遅刻が増えるのでは…、村上駅から本学までの足はどうしたらいいか…の不安を話してくれました。

それに対し、本学は、遠方からの学生にも配慮し、1限開始時刻を9時半に設定してあること、警報級の大荒れの天候の時や電車がすべてストップしている(予想される)時は、休校や、始業終業時刻の変更もありうること、村上駅と坂町駅からは電車の到着発着にあわせてスクールバスを無料で多数運行していること、朝のバスの発車時刻は、電車の遅れにも融通して対応できる場合があること、など、丁寧に説明してあげたら、笑みがこぼれました。今通っている高校のスクールバスは高額だし、1分の遅刻も待ってくれない、でもこの大学のバスは無料で、かつ発車時刻の配慮があるのは、すごくありがたい…これで安心して、遠方からも通学ができると…

その生徒さんは、本学の少人数教育、親身な対応に期待して入学を決めたということ、学長ともこんなに直に話せるなんて…と感動してくれました。最後は「4月から、よろしくお願いします」と力強い挨拶をくれ、駅のホームでは手を振って別れました。他の生徒さんも一斉に笑顔で手を振ってくれました。その様子を見ていた他の乗客の方から、「いい生徒さんですね」の声をかけられました。

私もうれしい気持ちで帰路につくことができました。