「食べる力をつける教室」で大爆笑しました

地域高齢者向けに開講してⅢ期目となっている「食べる力をつける教室」では、7月5日の第7回教室において、いつものトレーニングやミニ講義のほかに、みんなで楽しめるレクリエーションを取り入れました。せっかく教室に通っていただいているので、一人で地道に行うトレーニングだけでなく、参加者のみんなで、いっしょになって盛り上がって楽しめ、かつ、「食べる・飲み込む力」だけでなく「認知機能」を高めるのにも有効といわれているレクリエーションを行いました。

 ひとつは「お口でジャンケン」。自分の口を使って、こちらが指定した「グー」「チョキ」「パー」の形を作る練習からはじめ、いよいよ私と勝負! 高齢者の皆さんには後出ししてもらうことにして、最初は私に勝つように、慣れてきたところで、私に負けるように、と指示して、お口でジャンケンを行いました。これがなかなか難しい…。どうも、私が出したのにつられて、それと同じ口の形を作ってしまう場合が多く見受けられました。しかし、中にはパーフェクトの方もいらっしゃいました。

 もうひとつは「早口言葉」。通常の速度で練習したのち、私の怪しい早口見本に次いで、全員いっしょに唱えてもらいました。これもなかなか難しいものがあり…。最後には、若い教員のオリジナルの「早口言葉」も登場。学生時代から考えていた早口言葉というだけあって、なかなか手ごわい、それに他の教員が追加の言葉をつなげて、さらに難易度アップ。言葉のおもしろさも加わって、最後は大爆笑で締めくくりました。

 参加した高齢者からは「楽しかった」「一時間ってあっという間」という声が多く聞こえてきました。楽しみながらのトレーニングは続ける意欲にもつながり、効果倍増です!