日本私立大学協会第146回総会(平成29年春季)に出席してきました

平成29年度が始まりました。新しい年度もよろしくお願い申し上げます。

 さて、年度末の329日、アルカディア市ヶ谷で開催された、日本私立大学協会第146回総会(平成29年春季)に出席してきました。会場前の皇居外堀(神田川の支流)沿いの桜の開花は、3月末の時点では、まだ少し早いようでしたが、4月上旬の今は見頃となっているでしょうか?

 協議事項としての議案は、事業計画、予算等の定番のもののほか、こちらもいつも情報源として貴重な「今後の私立大学の振興・発展方策等について~私学振興情勢の分析と対処方針を含む~」についてが、掲げられていました。毎回配布される厚い資料集やレジメは、折に触れて見返しています。なかでも、「私立大学を取り巻く諸情勢資料集」を見るにつけ、大学運営の大変さを思い知らされ、それとともに、大学改革推進の重要性を改めて認識させられます。

 本学も平成30年度以降、医療学部の改革を始め、校舎新築・改修工事等さまざまなことを計画しております。随時、新しい情報はお知らせして参りますが、取り急ぎ41日付けで、本ホームページ上のNews & Topicsにおいて、「平成30年度より医療学部が変わります ~言語聴覚士養成教育を、より高度化するために~」と題した記事(ご挨拶文)を掲載しておりますので、合わせてご覧下さい。

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲