来年度より遠方からでも通いやすい時間割(始業終業時刻)となるよう検討しています

もうすぐ平成28年が終わり新しい年がやってきます。大学の新年度は4月からなので、もう少し先のことになりますが、新年度からの授業スケジュールや時間割等の詳細について、本学では教務委員会や事務局学務課のメンバーを中心として数か月前から検討を重ねてきています。その中で、時間割構成について大きな変更を予定していますので、少し予告しておきたいと思います。

 本学の時間割構成は次のようになっています。すなわち、1限は午前9時開始で90分授業が1日につき5コマあります。途中にお昼休みもはさみますので、5限の終了時刻は午後5時50分です。これだと、新潟市等の自宅から通学するためには、かなり朝早く家をでなければならず、また放課後の課外活動もあきらめて帰宅しなければならない状況になっています。もちろん毎日びっしり5コマ授業があるとは限らないので、余裕がある日も存在します。

 来年度からは、もっと遠方からの学生の便宜を図るため、始業時刻である1限の開始を30分程度遅らせ午前9時半開始(新潟方面からのJR通学もゆったりできます)、また1日4コマ構成をメインとする大改革を予定しています。これにより授業での拘束時間が短くなり、すべての学生にとって、課外活動やゼミ活動、また自主勉強その他の取り組みにも余裕が生まれます。この試みは授業の総時間数を減らさずに行いますので、長期休業期間の調整等で対応していく予定です。

 始業、30分遅いだけ、と思われるかもしれませんがJR通学者にとっては、電車の接続が良くなり朗報です。新潟市の西からJR通勤している私自身、よくわかります。

 これから本学の受験を考えている方で、下宿はしたくなく自宅から通いたい方もいらっしゃると思います。本学は来年度からのゆとりを持たせた時間割によって、少し遠方の方でも無理なく通えるようになります! 

この記事をブックマーク/共有
新潟リハビリテーション大学
ページの先頭へ▲