文字の大きさ
拡大
標準
医療学部/作業療法学専攻

作業療法学専攻 3つのポリシー

アドミッションポリシー[入学者受け入れ方針]

作業療法学専攻では、以下のような資質を有する人を積極的に受け入れます。

1.作業療法における専門的知識や技術を身につけるために十分な基礎的学力(特に国語、英語、理科の学力)を有する。
2.医療の専門職としての自覚を忘れず、常に作業療法専門技術の修得と研究に対する努力を怠らない。
3.気持ちが不安定になっているリハビリテーション対象者へ精神的援助を与えることができる人またはそのための努力を怠らないひと。
4.関連する他の医療・福祉の専門職と連携するためのコミュニケーション能力を有する人またはそのための努力を怠らない。 

カリキュラム・ポリシー[教育課程の編成方針]

リハビリテーション医療に関わる基礎を学びます。
作業療法学専攻では以下のような方針に基づきカリキュラムを編成しています。

1.社会人として幅広い知識と、リハビリテーション専門職としての基礎医学修得のため、4専攻共通のカリキュラムとして、導入教育・自然科学・外国語などの教養分野科目と、基礎医学・臨床医学・心理関連項目などの専門基礎分野科目を設置しています。
2.子供から高齢者までの作業療法の専門知識と実技・実習を 修得するために、学内の発達障害作業療法治療学・老年期作業療法治療学と、学外での臨床総合実習などの専門分野科目を設置しています。

ディプロマ・ポリシー[学位授与に関する方針]

卒業までに身につける資質
作業療法学専攻では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定され、学位が授与されます。

1.対象者の障がいのみではなく、生活、価値観、社会的役割などを評価し、その対象者にとって意味のある作業を賦活する能力を有する者。
2.対象者をめぐる他職種と協業し、対象者の地域生活を支える能力を有する者。
3.卒業後も作業療法技術へのあくなき探究を続け、国際的な視野を持ち、作業療法の発展に寄与できる者。