文字の大きさ
拡大
標準
大学院

研究科長からのメッセージ

進歩・変化し続ける医療環境に対応できる人材に。

学長 山村 千絵

新潟リハビリテーション大学 大学院
リハビリテーション研究科

研究科長 山村 千絵


リハビリテーション医学・医療は日々進歩・変化し続けています。医療に携わる有資格者は、生涯にわたり自らの知識や技術を向上させていくことで、社会のニーズに応えるのが責務ともいえるでしょう。この責務を果たすためには、臨床現場での研鑽とともに、系統的な教育システムの受講が必須です。

本大学院は、医療・保健・福祉・リハビリテーション等関連領域の教育を体系的に履修してきた人たちを対象に、これからのリハビリテーション医学・医療を取り巻く環境の変化に対応しうる学際的な教育や研究指導を行っています。

本部のある村上で開講している「摂食・嚥下障害」「高次脳機能障害」「運動機能科学」「心の健康科学」の履修コースでは、少人数で丁寧な指導を行っています。また、社会人のみを対象とする東京サテライトキャンパスでは、対面授業だけでなくWEB授業等の活用により、全国各地(在籍院生は北海道から沖縄まで)で仕事を続けながら学び続けることが可能になっています。

志のある方は、是非いっしょに学び研究していきましょう。