文字の大きさ
拡大
標準
入試案内

大学院 アドミッション・ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

教育理念・目標

摂食・嚥下障害や高次脳機能障害のほか、運動機能や心の健康に関するリハビリテーション医療の分野で、より優れた医療人や教育・研究者を育成したいという考えに基づき、次の理念・目標を掲げる。

理念
目標

求める学生像

養成する人材像

心身に困難を抱えた方々、およびそれを取り巻く家族や社会の状態を把握し、
適切な配慮や援助ができる人材を育てます。

近年、医療は目覚しく進歩し、かつては命を永らえることができなかった人達も生命を全うできるようになってきました。その反面、これまでは考えられなかったようなさまざまな障害が判明してきたことも事実です。また、本人の意思とは別の次元で生命だけを維持させられているという報道も時に耳にします。生命倫理を再検討すべき時期に来ていると考えられます。
本大学院では、心身に困難を抱えながら、精一杯生きようとする方々や家族を理解し、支えていく人材を育成します。

カリキュラム・ポリシー[教育課程の編成方針]

本大学院が目指しているものは、生命の根源となる摂食・嚥下機能の分野と、人間のもっとも高度な機能である高次脳機能の分野、および人が生きるために必須な運動・動作・活動の分野において、困難を抱えている患者さんやご家族に対して援助ができる有能な医療従事者、および研究者を育成することであります。この目的を達成するために、以下の教育カリキュラムを編成しています。

具体的には、教育課程を共通科目と専門科目の2段階に分け、その多くを1年次に履修させます。1~2年次には学修した知識をもとに修士論文作成のための研究指導を行います。

ディプロマ・ポリシー[学位授与に関する方針]

本大学院で以下のような能力を身に付け、かつ修了要件を満たした学生は、修了が認定され、学位が授与されます。